Welcome to ORCHID. Hold on Please...
Grow your beauty day and beautiful life
Our thoughts
about covid-19
当サロンの対策



光美容専門エステサロン
ORCHID
新型コロナ感染のメカニズム


ORCHIDの想い

COVID-19(新型コロナウィルス感染症)について、原理原則をもとに細胞と光を扱うプロとして、簡単にではありますがご紹介させていただきます。(あくまで“簡単に”ご紹介するだけですので、詳しく知りたい方は論文をご覧ください。)
既に把握されている方も多い記事にはなるかと思いますが、改めて、冷静な行動判断をするために原理原則を知る良い機会となれば幸いです。





ウィルスは2種類

まず、ウィルスは大きく以下の2種類に分けることができます。

・「脂質の膜」で覆われたウィルス
・「脂質の膜」で覆われていないウィルス

この「脂質の膜」で覆われたウィルスの代表的なものは、
インフルエンザやエイズ、そしてコロナウィルスです。
ちなみに「脂質の膜」で覆われていないウィルスの代表は、
ノロウィルスやロタウィルスなどです。





「脂質の膜」を壊せばよい

この「脂質の膜」で覆われているコロナウィルスですが、 この膜は、殺菌成分の入っている石けんやアルコール、熱や酸で溶かすことができます。 そして、この膜を溶かしてしまえば、ウィルスは感染力を失います。
さいきん、次亜塩素酸が驚くような値段で売買されていますが、そこまでする必要はあるのかと疑問を感じざるを得ません。 また次亜塩素酸正しく扱えていないご家庭も多いように見受けられます。

ちなみに、脂質の膜のないウィルスの方が実は厄介です。 特にノロウィルスは、アルコール、石鹸、酸、塩素、熱などに抵抗性があり、インフルエンザウィルスと同じ対策では滅菌できません。 2016年にノロウィルスが流行したときも、アルコールが売れに売れましたが、果たして意味があったのか、私には疑問です。





これからは
イソプロピルアルコール

最近、消毒薬やエタノールが非常に手に入りにくい状態となっていますね。 しかし、イソプロピルアルコール(イソプロパノール、IPA)は、まだ普通に手に入ります。
エタノールよりも脱脂力が強く、匂いもあるので敬遠されますが、 理論上、70%程度の濃度に薄めて消毒液として使うことが出来ます。 イソプロは、日常生活での汚れ落としなどにとても便利 (エタノールよりも強力で、アセトンなどのように基材を侵すことが無い)ですので、有って損は無いかもしれませんね。
エタノールよりも元々安いですし。 車用の水抜き剤としても使えます。 グリセリンなど入れて消毒液を自作している人もいるようですね。 オススメしてるわけではありませんが、もしエタノールにお困りの方は試してみるのもいいかもしれませんね。




お酒で消毒はできる?

「度数が高ければ飲料用のお酒で消毒できるってホント?」とご相談いただく機会も増えましたが、 飲料用のお酒も70%前後であれば理論的にはウィルスの「脂質の膜」を溶かせます。なので、消毒は可能です。
とはいえ「純度が高ければ高いほどいい」ってものではありません。 純度は約70%以上あれば「脂質の膜」を溶かします。逆に99.9%でも「脂質の膜」を溶かすだけです。 どちらでも効果は変わりません。高い純度のお酒をお持ちの方は水で薄めて使った方が良いです。





高純度のアルコール
逆効果の場合も。

消毒用エタノールもお酒などアルコールも、純度が高いと揮発性が上がります(すぐ蒸発しちゃいます)。 「脂質の膜」は一定時間アルコールに触れることで溶けます。 純度が高いとすぐ揮発してしまい「脂質の膜」が溶け切らない可能性があります。

もちろん純度の高低に限らず、アルコールでササっと拭くだけで消毒したつもりになっていませんか? 少し“ビチャビチャする”くらいアルコールを使って、じっくりと、気持ち長めに拭いてあげてください。




感染のしかた

ウィルスはどうやって人の中に入っていていくのでしょうか。 新型コロナウィルスは、ACE2という「受容体」と接触して細胞の中に入ります。 これが“感染”の始まりです。

受容体とは、簡単に言うと「細胞の外にある物質を細胞内部に取り込むドアマンのようなもの」です。 そして、コロナウィルスを細胞内に取り込んでしまうACE2という受容体は、目・鼻・口の粘膜の部分に主にいます。 逆に目・鼻・口の粘膜以外の場所にはACE2はいないと考えてもらっていいです。





理論上、
目からも感染する。

ACE2という「受容体」は、目と鼻と口にいます。 手にはACE2はいないので、手でコロナウィルスに触っただけでは感染しません。 手を経由して、目か鼻か口に入ったら感染します。 なので、口はもちろんですが、外では鼻と目も触らないようにしてください。

特に小さいお子様は、目をかいたり、鼻に指を突っ込んだりします。よーく注意しておいてください。
目にもACE2はあります。マスクをしていても、目が無防備であれば、飛沫感染する恐れがあるので、 できればメガネなどをしておくと、少しは感染率を下げられるかもしれませんね。微々たるものですけど。。
とにかく、手についたウィルスを口に運んでしまう前に、石けんでの手洗い、アルコール消毒をして、 コロナウィルスを覆っている脂質の膜を壊してあげれば問題ないのです。





「水を飲む」
発想自体は悪くはない

コロナ対策で「頻繁に水を飲むといい」みたいな情報を耳にした方はいますか? もちろん「水を飲めば感染しない」なんてことはありません。デマです。 ただ、デマの経緯を紐解くと、この情報は100%間違っているとも言い切れません。

まず、コロナウィルスが粘膜に付着した場合、15-20分で感染すると言われています。 そのため、外出先でコロナウィルスが口に入った場合、自宅に帰ってから、うがいをしても間に合わないケースが多いです。

しかし、ウィルスを覆う「脂質の膜」は胃酸でも壊せます。 そのため、“コロナウィルスを口に留めておくより、水で胃に流し込んだ方が感染リスクは減る”というロジックが成立します。 なので、外出先などうがいのできないところでは、水を頻繁に飲むと、感染リスクはもしかしたら下がるかもしれませんね。





たしかに「歯は命」

先日、感染症に詳しい口腔外科の先生と、新型コロナウィルスについてお話する機会がありました。 抜歯後や虫歯がある方など口腔環境が悪い状態の場合、この受容体「ACE2」は過剰に反応しやすくなるようです。

要するに、
「お口に傷や虫歯がある人は感染リスクが上がる」ようです。





歯の治療中の方はご用心

コロナウィルスと近い形態のインフルエンザウィルスでのデータですが、 虫歯がない人に比べて口腔環境が悪い人の方がウィルスに感染する確率(口内からの感染)が何十倍も高いことが発表されています。 「口腔環境とACE2受容体」に関連する論文はけっこう多く出ています。 虫歯の治療中の方や抜歯をされたばかりの人は、特に気を付けてくださいね。

ちなみにですが、最近“買い物は1人で行きましょう!”と呼びかけられていますね。 もしご家族で誰か1人が買い物に行くなら、「虫歯のない人に行ってもらう」という選択肢もあるかもしれませんね。笑
これを機に、ぜひお口を綺麗にする習慣を考えるのもいいかもしれません。





紫外線で滅菌は可能だが
太陽光や日サロではさすがにキビしい

理論上、新型コロナウィルスは紫外線に弱いです。
ヒトもウィルスも遺伝情報は核酸(かくさん)というもので保持します。 核酸は大きく分けて2種類の構造があります。「DNA」というと構造と「RNA」という構造があります。 ヒトは「DNA」と呼ばれる核酸で遺伝情報を保持します。新型コロナウィルスは「RNA」という核酸で遺伝情報を保持します。 「RNA」という核酸を持つウィルスは紫外線に弱いことが分かっています。 紫外線の中でも特に波長が短い「UVC」という光に弱いです。 日焼け止めのパッケージにもUVAとかUVBとか書いてありますよね。

日光や日サロのライトはUVAやUVBが殆どで、コロナウィルスを不活性化することはできません! しかし、紫外線消毒などの滅菌用の紫外線ライトは効果的です。 8Wほどのライトを15cmの距離で2分弱当てると、このタイプのウィルスは1万分の1まで不活性化することができます。 これも論文が多く出回ってますので、探すたびに面白いデータが得られます。





細胞を活かす光。
殺す光。

紫外線も赤外線もブルーライトも光の種類です。そして、光は実は電磁波の一種です。
紫外線は新型コロナウィルスを滅することができ、ブルーライトで害虫の孵化率を低減でき、赤外線は焼鳥を美味しくすることができます。これらは山ほど論文があり理論として成立しています(焼鳥以外)。

原理原則を把握し、理論を基に、正しい知識で正しく光を扱うと、ウィルスを殺すことも、美肌のために細胞活性することも、至極簡単です。 既に理論的に結論付けられていることなので、もはや驚くことでもない時代です。

ウィルス感染対策も、お肌の悩みも、原理原則を理解し、論理的に問題と課題を分析することで、過度に恐れず、パニックにならず、冷静に「今すべきこと」を判断することができます。 逆に、「これさえ防げば大丈夫!」と考えることができ、行動に自由度を持たせるもできます。





ORCHIDの想い

さいごに、
いつの時代も人類は危機に直面してきました。

私が生まれてからでも阪神・淡路大震災や東日本大震災といった自然災害、91年の日本バブル崩壊、ライブドアショック、リーマンショックなど金融危機、2002年のSARS(重症急性呼吸器症候群)や09年の新型インフルエンザ(A/H1N1)といった新型ウィルスや新興感染症など。多くの方々が涙する悲しい出来事が沢山ありました。

しかし、私たちはそれらを忘れそうになるくらい、新型コロナウィルスが流行する少し前まで幸せに暮らすことができていました。 きっとしばらくすると何もなかったように幸せに暮らせていると思います。 これらの悲しい出来事は全て、人間の知恵と工夫、そして協力しあうことで乗り越えてきたように見えます。
今回も同じように、各々が問題と課題を共有し、協力しあって、人の力で乗り越えらえれると信じています。 そして、この事態の収束を心から願っております。










当サロンの新型コロナ対策と指針


ORCHID wrote on May 7, 2020.

【営業再開のお知らせ】
平素はORCHIDグループをご利用いただきありがとうございます。
この度、5月8日より予約枠を1日1名様に限定し、営業を再開いたします。

まず判断の経緯を示します。
① 東京都を含む関東圏の感染率およびリスク指数が当サロンで定めた数値基準を下回ったこと
② 世界中の研究機関から発表されるコロナ関連の論文の結論や試験結果がある程度一定になったこと

当サロンは、マンツーマン体制の全予約制のプライベートサロンです。 スタッフは山本峰空1人のみで、山本自身が体調管理を徹底します。 また以下の内容により、予約枠を1日1組と限定することで「お客様からお客様への感染」の可能性を概ね絶つことができると考えています。

-----------
米国立衛生研究所、プリンストン大学、カリフォルニア大学の研究チームが3月半ばに発表した査読前論文より、 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の物体付着における生存時間を以下のように発表しました。


a) 空気中に漂う小さな粒子に付着したエアロゾル状態:最長3時間
b) 段ボールなど紙の表面:最長24時間
c) プラスティックやステンレスの表面:最長2〜3日

これを基に、
お客様を1日1組と限定することで、エアロゾルによる感染、段ボールなど紙製品を経由した感染を防げます。 また当サロンにあるお客様が触れるほぼ全てのプラスチックおよびステンレス製品は、経済産業省「抗菌加工製品ガイドライン」に準拠した抗菌加工であり、さらにお客様ご入店前後でアルコール消毒を実施するため、感染の可能性を最小限にまで抑えられます。

ちなみにアルコールでの消毒は「ウィルス不活性化となる理論的な消毒法」を採用します。 ウィルスの脂質膜をアルコールで溶かすことで感染力を失わせますが、 脂質膜を溶かすには、一定時間のアルコールと接触させる必要があります。 また、アルコール度数が高すぎると揮発性が高くなり、脂質膜を溶かす前に揮発してしまいます。 アルコールの度数と消毒時間が理論的に成立する方法で消毒を実施します。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)および新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)の一般的な特性に関しては、極力シンプルに記載をいたしましたので、 当ページの上部を、よろしければご覧ください。

-----------
しかしながら、まだまだ油断できない状況の中での再開となります。 常時よりいっそう衛生管理に気を付けてまいります。
通常通りの衛生管理に更なる感染症対策を実施しお客様をお迎えしたいと考えております。

■常時衛生管理

・お客様ごとにタオルやガウンなどの交換
・お客様の入れ替え時の掃除、消毒
・使い捨てスリッパの使用
・山本自身の手洗い、うがいの徹底


■追加で実施する感染症対策

・ご予約は『1日1組のみ』に限定
・お出迎えからお見送りまでマスク着用
・お客様ご入店前後での消毒・換気など感染対策
・スタッフの毎日の検温

・お客様へのマスク着用のお願い(お顔のお手入れ以外)
・ご来店時に手洗い、うがいのお願い
・アルコールでの手指消毒のお願い

また、ご来店にあたり下記のいずれかに該当していないかだけご確認をお願いいたします。

1.風邪の症状(くしゃみや咳が出る等)がある方
2.37.5度以上の熱がある方
3.強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある方
4.咳、痰、または胸部に不快感のある方
5.過去14日以内に、感染症流行地域等への渡航歴のある方、並びに当該渡航者との濃厚接触がある方
6.過去14日以内に、新型コロナウイルス感染者またはその疑いのある方と接触された方
7.クラスターが発生したとされる場所を訪れた方
8.その他新型コロナウイルス感染可能性の症状がある方

お手数をお掛けし申し訳ございません。
新型コロナ対策へのご理解ご協力のほど、どうぞ宜しくお願い致します。


現在の状況を決して楽観視せず、しかし、非論理的と判断できる対策や不必要な対策は採用せず、細胞のプロとして常にクレバーに判断し、営業/休業を判断しております。とはいえ、皆さまのサロンへの移動中の感染など、私どもでは防ぎようのないリスクもございます。決して無理はなさらず、ご自身のペースと考え方で、当サロンをご利用いただけますと幸いです。

それでは、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ORCHID INTERNATIONALS
高岡 泰生





information

当サロンの他の情報もぜひご覧ください。
施術をご検討されるうえで、少しでも参考になれば幸いです。

Blog-post Thumbnail

当サロンの写真

サロン内の写真をまとめました。モダンなインテリアとなっています。

Read more
Blog-post Thumbnail

当店までのアクセス

当サロンの場所。明るく落ち着いた場所にございます。ぜひお気軽にお越しください。

Read more
Blog-post Thumbnail

よくいただくご質問

よくいただくご質問をまとめました。少しでも不安をなくせたら幸いです。

Read more

ORCHID INTERNATIONALS

ぜひサロンへお越しください。
またインスタグラムではサロンの様子や、スタッフの”人となり”も観ていただけると思います。
BEAUTY DAY by ORCHID公式Instagram


サイトマップ

各種プラン
  • 『BEAUTY DAY』プラン詳細
  • #1 全身美容脱毛詳細
  • #2 フェイシャルケア詳細
  • #3 バストアップ&フォームケア詳細
  • 男性サロン『ORCHID HOMME』詳細