日焼け止めの選び方
Welcome to ORCHID. Hold on Please...
BEAUTY DAY by ORCHID
成分から考える
日焼け止めの選び方

物理学・有機化学の理論から考察する「日焼け止め」の選び方

多種多様な日焼け止めがありますが、誇大広告が目立ちますね。。ここでは有機化学および物理学の原理原則から「日焼け止め」の選び方について考えてみましょう!

ポイント

日焼け止めには「吸収剤」と「散乱剤」があり、紫外線の防ぎ方が違います。
ノンケミカルだから肌に優しい。ケミカルは化学物質だから肌負担が大きいという事実はありません。
美容業界にありがちな誇大広告のため無視して構いません。

ポイント

吸収剤は、紫外線を吸収して熱に変換します。
散乱剤は紫外線を乱反射させて、紫外線が肌に届かないようにします。

ポイント

どの方式も完璧に紫外線を防ぐことはできません。。

ポイント

物理学の理論上、どんな日焼け止めも、紫外線を通すか確率はゼロにはなることはありません。

ポイント

吸収剤を使うと紫外線を通しづらいです!ただ紫外線が熱に変換されるので、肌が熱くなります。つまり肌負担が高いです。

ポイント

どちらにもメリットとデメリットがあります。

ポイント

選び方はシンプルです。「両方入り」を選びましょう。 日焼け止めに関しては、どちらも入っていてダメなものではありません。

ポイント

物理学上、両方がバランスよく入っていることがもっとも合理的と言えます。

ポイント

ただし、「酸化亜鉛」が入っている日焼け止めは避けた方がいいです。後ほど説明します。

ポイント

たとえば、当サロンで扱っている日焼け止め乳液ですが、酸化剤・吸収剤ともに含まれていて、さらに酸化亜鉛は入っていません。

「酸化亜鉛」を避けたい化学的根拠

BEAUTY DAY by ORCHID

ポイント

ここから「酸化亜鉛は避けた方がよい理由」です。








ORCHID INTERNATIONALS

ORCHIDは物理学・化学に基づいたエステティックを提供する極めて原理主義のチームです。
We are the extremely "fundamentalist" creative team that proposes aesthetics based on physics and chemistry.

ORCHID INTERNATIONALS

ぜひサロンへお越しください。
またインスタグラムではサロンの様子や、スタッフの”人となり”も観ていただけると思います。
ORCHID公式Instagram


サイトマップ

各種プラン

Orchid International Group